漢字検定(漢検)1級の四字熟語

漢検1級の四字熟語の一覧(五十音順)

読みで絞込

四字熟語読み方
哀鳴啾啾あいめいしゅうしゅう
愛楊葉児あいようように
鴉雀無声あじゃくむせい
鴉巣生鳳あそうせいほう
遏悪揚善あつあくようぜん
蛙鳴蝉噪あめいせんそう
阿爺下頷あやあがん
阿諛傾奪あゆけいだつ
阿諛追従あゆついしょう
阿諛便佞あゆべんねい
阿轆轆地あろくろくじ
晏嬰狐裘あんえいこきゅう
晏嬰狐裘あんえいのこきゅう
安閑恬静あんかんてんせい
晏子高節あんしのこうせつ
按図索驥あんずさくき
帷幄上奏いあくじょうそう
伊尹負鼎いいんふてい
意気銷沈いきしょうちん
意気沮喪いきそそう
衣錦尚絅いきんしょうけい
韋弦之佩いげんのはい
為虎傅翼いこふよく
意識朦朧いしきもうろう
意匠惨澹いしょうさんたん
渭樹江雲いじゅこううん
韋駄天走いだてんばしり
一詠一觴いちえいいっしょう
一字褒貶いちじほうへん
一望無垠いちぼうむぎん
一縷千鈞いちるせんきん
一攫千金いっかくせんきん
一家眷族いっかけんぞく
一家団欒いっかだんらん
一気呵成いっきかせい
一饋十起いっきじっき
一簣之功いっきのこう
一丘一壑いっきゅういちがく
一裘一葛いっきゅういっかつ
一丘之貉いっきゅうのかく
一薫一蕕いっくんいちゆう
一蹶不振いっけつふしん
一闔一闢いっこういちびゃく
一狐之腋いっこのえき
一糸一毫いっしいちごう
一士諤諤いっしがくがく
一瀉千里いっしゃせんり
一觴一詠いっしょういちえい
一倡三歎いっしょうさんたん
一世風靡いっせいふうび
一箭双雕いっせんそうちょう
一朝之忿いっちょうのいかり
一擲千金いってきせんきん
一髪千鈞いっぱつせんきん
鷸蚌之争いつぼうのあらそい
猗頓之富いとんのとみ
倚馬七紙いばしちし
夷蛮戎狄いばんじゅうてき
渭浜漁父いひんのぎょほ
萎靡沈滞いびちんたい
異聞奇譚いぶんきたん
韋編三絶いへんさんぜつ
倚門之望いもんのぼう
異類無礙いるいむげ
殷鑑不遠いんかんふえん
因果覿面いんがてきめん
婬虐暴戻いんぎゃくぼうれい
慇懃無礼いんぎんぶれい
因循苟且いんじゅんこうしょ
飲鴆止渇いんちんしかつ
陰謀詭計いんぼうきけい
烏焉魯魚うえんろぎょ
于公高門うこうこうもん
禹行舜趨うこうしゅんすう
右顧左眄うこさべん
迂疎空闊うそくうかつ
鬱肉漏脯うつにくろうほ
禹湯文武うとうぶんぶ
烏兎匆匆うとそうそう
嫗伏孕鬻うふうよういく
禹歩舜趨うほしゅんすう
紆余委蛇うよいだ
紆余曲折うよきょくせつ
盂蘭盆会うらぼんえ
雨霖鈴曲うりんれいきょく
雲雨巫山うんうふざん
雲烟過眼うんえんかがん
雲烟万里うんえんばんり
雲烟飛動うんえんひどう
雲烟縹渺うんえんひょうびょう
雲遊萍寄うんゆうへいき
雲容烟態うんようえんたい
栄諧伉儷えいかいこうれい
影駭響震えいがいきょうしん
英姿颯爽えいしさっそう
郢書燕説えいしょえんせつ
盈満之咎えいまんのとがめ
英明闊達えいめいかったつ
慧可断臂えかだんぴ
依怙贔屓えこひいき
越俎代庖えっそだいほう
越俎之罪えっそのつみ
越鳧楚乙えつふそいつ
宴安酖毒えんあんちんどく
烟雲過眼えんうんかがん
蜿蜿長蛇えんえんちょうだ
円滑洒脱えんかつしゃだつ
烟霞痼疾えんかのこしつ
燕頷虎頸えんがんこけい
燕頷虎頭えんがんことう
燕頷投筆えんがんとうひつ
婉曲迂遠えんきょくうえん
延頸挙踵えんけいきょしょう
猿猴取月えんこうしゅげつ
怨女曠夫えんじょこうふ
烟波縹渺えんぱひょうびょう
猿臂之勢えんぴのいきおい
偃武修文えんぶしゅうぶん
閻浮檀金えんぶだごん
厭聞飫聴えんぶんよちょう
婉娩聴従えんべんちょうじゅう
衍曼流爛えんまんりゅうらん
轅門二竜えんもんにりょう
厭離穢土えんりえど
円顱方趾えんろほうし
桜花爛漫おうからんまん
枉駕来臨おうがらいりん
横行闊歩おうこうかっぽ
横行跋扈おうこうばっこ
往事渺茫おうじびょうぼう
往事茫茫おうじぼうぼう
枉尺直尋おうせきちょくじん
枉法徇私おうほうじゅんし
王楊盧駱おうようろらく
甕裡醯鶏おうりけいけい
恩讎分明おんしゅうぶんめい
厭離穢土おんりえど
誨淫誨盗かいいんかいとう
海闊天空かいかつてんくう
海市蜃楼かいししんろう
膾炙人口かいしゃじんこう
喙長三尺かいちょうさんじゃく
海底撈月かいていろうげつ
開天闢地かいてんへきち
誨盗誨淫かいとうかいいん
槐門棘路かいもんきょくろ
傀儡政権かいらいせいけん
偕老同穴かいろうどうけつ
薤露蒿里かいろこうり
柯会之盟かかいのめい
蝸角之争かかくのあらそい
呵呵大笑かかたいしょう
夏癸殷辛かきいんしん
蝸牛角上かぎゅうかくじょう
鶴立企佇かくりつきちょ
家鶏野雉かけいやち
歌功頌徳かこうしょうとく
華胥之夢かしょのゆめ
軻親断機かしんだんき
花鳥諷詠かちょうふうえい
渇驥奔泉かっきほんせん
恪勤精励かっきんせいれい
闊達自在かったつじざい
豁達大度かったつたいど
豁然大悟かつぜんたいご
刮目相待かつもくそうたい
華亭鶴唳かていかくれい
禍福倚伏かふくいふく
苛斂誅求かれんちゅうきゅう
夏鑪冬扇かろとうせん
檻猿籠鳥かんえんろうちょう
干戈倥偬かんかこうそう
鰥寡孤独かんかこどく
轗軻不遇かんかふぐう
侃侃諤諤かんかんがくがく
関関雎鳩かんかんしょきゅう
歓喜抃舞かんきべんぶ
管窺蠡測かんきれいそく
関雎之化かんしょのか
韓信匍匐かんしんほふく
甘井先竭かんせいせんけつ
干戚羽旄かんせきうぼう
邯鄲之歩かんたんのほ
邯鄲之夢かんたんのゆめ
寒煖饑飽かんだんきほう
奸知術数かんちじゅっすう
旱天慈雨かんてんじう
撼天動地かんてんどうち
甘棠之愛かんとうのあい
環堵蕭然かんとしょうぜん
艱難辛苦かんなんしんく
奸佞邪智かんねいじゃち
銜尾相随かんびそうずい
勧百諷一かんぴゃくふういつ
管鮑之交かんぽうのまじわり
蓋瓦級甎がいがきゅうせん
睚眥之怨がいさいのうらみ
亥豕之譌がいしのか
磑風舂雨がいふうしょうう
諤諤之臣がくがくのしん
画脂鏤氷がしろうひょう
画竜点睛がりょうてんせい
銜哀致誠がんあいちせい
含英咀華がんえいしょか
頷下之珠がんかのしゅ
眼光炯炯がんこうけいけい
顔厚忸怩がんこうじくじ
頑廉懦立がんれんだりつ
既往不咎きおうふきゅう
鬼瞰之禍きかんのわざわい
騏驥過隙ききかげき
熙熙壌壌ききじょうじょう
危言覈論きげんかくろん
跂行喙息きこうかいそく
鬼哭啾啾きこくしゅうしゅう
旗幟鮮明きしせんめい
杞人天憂きじんてんゆう
羈紲之僕きせつのぼく
鞠躬尽瘁きっきゅうじんすい
驥服塩車きふくえんしゃ
九棘三槐きゅうきょくさんかい
鳩居鵲巣きゅうきょじゃくそう
躬行実践きゅうこうじっせん
宮車晏駕きゅうしゃあんが
窮途之哭きゅうとのこく
朽木糞牆きゅうぼくふんしょう
矯枉過直きょうおうかちょく
跫音空谷きょうおんくうこく
兢兢業業きょうきょうぎょうぎょう
恐懼感激きょうくかんげき
薑桂之性きょうけいのせい
狂言綺語きょうげんきご
恐惶謹言きょうこうきんげん
匡衡壁鑿きょうこうへきさく
驕奢淫逸きょうしゃいんいつ
拱手傍観きょうしゅぼうかん
驚心動魄きょうしんどうはく
協心戮力きょうしんりくりょく
驕兵必敗きょうへいひっぱい
嚮壁虚造きょうへききょぞう
狂瀾怒濤きょうらんどとう
曲水流觴きょくすいりゅうしょう
曲突徙薪きょくとつししん
虚静恬淡きょせいてんたん
虚無縹渺きょむひょうびょう
毀誉褒貶きよほうへん
騎驢覓驢きろべきろ
金甌無欠きんおうむけつ
金塊珠礫きんかいしゅれき
槿花一朝きんかいっちょう
巾幗之贈きんかくのぞう
緊褌一番きんこんいちばん
琴瑟相和きんしつそうわ
擒縦自在きんしょうじざい
禽獣夷狄きんじゅういてき
疑雲猜霧ぎうんさいむ
巍然屹立ぎぜんきつりつ
牛溲馬勃ぎゅうしゅうばぼつ
仰観俯察ぎょうかんふさつ
澆季溷濁ぎょうきこんだく
澆季末世ぎょうきまっせ
仰天不愧ぎょうてんふき
玉石混淆ぎょくせきこんこう
玉石同匱ぎょくせきどうき
玉蟾金兎ぎょくせんきんと
玉兎銀蟾ぎょくとぎんせん
魚爛土崩ぎょらんどほう
空谷跫音くうこくのきょうおん
苦心惨憺くしんさんたん
狗吠緇衣くはいしい
狗尾続貂くびぞくちょう
区聞陬見くぶんすうけん
君恩海壑くんおんかいがく
葷酒山門くんしゅさんもん
群蟻附羶ぐんぎふせん
経営惨憺けいえいさんたん
軽裘肥馬けいきゅうひば
荊棘叢裏けいきょくそうり
荊棘銅駝けいきょくどうだ
桂玉之艱けいぎょくのかん
荊釵布裙けいさいふくん
鶏尸牛従けいしぎゅうしょう
瓊枝玉葉けいしぎょくよう
瓊枝栴檀けいしせんだん
傾側偃仰けいそくえんぎょう
軽佻浮薄けいちょうふはく
軽妙洒脱けいみょうしゃだつ
鶏鳴狗盗けいめいくとう
形容枯槁けいようここう
厥角稽首けっかくけいしゅ
結跏趺坐けっかふざ
譎詭変幻けっきへんげん
狷介孤高けんかいここう
狷介固陋けんかいころう
狷介不羈けんかいふき
懸崖勒馬けんがいろくば
喧喧囂囂けんけんごうごう
蹇蹇匪躬けんけんひきゅう
拳拳服膺けんけんふくよう
乾坤一擲けんこんいってき
妍姿艶質けんしえんしつ
乾端坤倪けんたんこんげい
犬吠驢鳴けんばいろめい
剣抜弩張けんばつどちょう
肩摩轂撃けんまこくげき
絢爛豪華けんらんごうか
牽攣乖隔けんれんかいかく
黔驢之技けんろのぎ
霓裳羽衣げいしょううい
月下推敲げっかすいこう
月中蟾蜍げっちゅうのせんじょ
阮簡曠達げんかんこうたつ
言行齟齬げんこうそご
厳塞要徼げんさいようきょう
阮籍青眼げんせきせいがん
黄衣廩食こういりんしょく
後悔噬臍こうかいぜいせい
篝火狐鳴こうかこめい
効果覿面こうかてきめん
広厦万間こうかばんげん
慷慨憤激こうがいふんげき
高牙大纛こうがだいとう
香気芬芬こうきふんぷん
敲金撃石こうきんげきせき
皓月千里こうげつせんり
槁項黄馘こうこうこうかく
恍恍惚惚こうこうこつこつ
行尸走肉こうしそうにく
高車駟馬こうしゃしば
鉤章棘句こうしょうきょくく
苟且偸安こうしょとうあん
嚆矢濫觴こうしらんしょう
曠日弥久こうじつびきゅう
曠世之感こうせいのかん
曠世之才こうせいのさい
曠世不羈こうせいふき
荒瘠斥鹵こうせきせきろ
恍然大悟こうぜんたいご
高談闊歩こうだんかっぽ
狡兎三窟こうとさんくつ
狡兎良狗こうとりょうく
黄髪垂髫こうはつすいちょう
洪範九疇こうはんきゅうちゅう
敲氷求火こうひょうきゅうか
好評嘖嘖こうひょうさくさく
光風霽月こうふうせいげつ
咬文嚼字こうぶんしゃくじ
光芒一閃こうぼういっせん
槁木死灰こうぼくしかい
孔翊絶書こうよくぜっしょ
洽覧深識こうらんしんしき
黄粱一炊こうりょういっすい
膏粱子弟こうりょうしてい
蛟竜毒蛇こうりょうどくだ
亢竜有悔こうりょうゆうかい
高楼大廈こうろうたいか
孤影悄然こえいしょうぜん
胡漢陵轢こかんりょうれき
狐裘羔袖こきゅうこうしゅう
狐裘蒙戎こきゅうもうじゅう
狐疑逡巡こぎしゅんじゅん
枯魚銜索こぎょかんさく
哭岐泣練こくききゅうれん
轂撃肩摩こくげきけんま
黒貂之裘こくちょうのきゅう
黒白混淆こくびゃくこんこう
国歩艱難こくほかんなん
虎視眈眈こしたんたん
虎嘯風生こしょうふうしょう
古人糟魄こじんのそうはく
鼓舌揺脣こぜつようしん
滑稽洒脱こっけいしゃだつ
涸轍鮒魚こてつのふぎょ
孤独矜寡こどくかんか
虚融澹泊こゆうたんぱく
孤陋寡聞ころうかぶん
渾金璞玉こんきんはくぎょく
渾渾沌沌こんこんとんとん
根深柢固こんしんていこ
渾然一体こんぜんいったい
昏定晨省こんていしんせい
蒟蒻問答こんにゃくもんどう
魂飛魄散こんひはくさん
渾崙呑棗こんろんどんそう
豪華絢爛ごうかけんらん
合歓綢繆ごうかんちゅうびゅう
剛毅木訥ごうきぼくとつ
豪放磊落ごうほうらいらく
毫末之利ごうまつのり
毫毛斧柯ごうもうふか
毫釐千里ごうりせんり
五蘊皆空ごうんかいくう
呉牛喘月ごぎゅうぜんげつ
五行相剋ごぎょうそうこく
極楽蜻蛉ごくらくとんぼ
五臓六腑ごぞうろっぷ
寤寐思服ごびしふく
斎戒沐浴さいかいもくよく
才気煥発さいきかんぱつ
灑灑落落さいさいらくらく
妻子眷族さいしけんぞく
載籍浩瀚さいせきこうかん
灑掃応対さいそうおうたい
彩鳳随鴉さいほうずいあ
菜圃麦隴さいほばくろう
豺狼当路さいろうとうろ
鑿歯尺牘さくしせきとく
鑿壁偸光さくへきとうこう
左顧右眄さこうべん
瑣砕細膩ささいさいじ
左眄右顧さべんうこ
三槐九棘さんかいきゅうきょく
三跪九叩さんききゅうこう
三釁三浴さんきんさんよく
三薫三沐さんくんさんもく
三豕渉河さんししょうか
三世一爨さんせいいっさん
惨憺経営さんたんけいえい
三面六臂さんめんろっぴ
在邇求遠ざいじきゅうえん
斬釘截鉄ざんていせってつ
讒諂面諛ざんてんめんゆ
残杯冷炙ざんぱいれいしゃ
讒謗罵詈ざんぼうばり
尸位素餐しいそさん
侈衣美食しいびしょく
駟介旁旁しかいほうほう
止渇飲鴆しかついんちん
四衢八街しくはちがい
舐糠及米しこうきゅうまい
豕交獣畜しこうじゅうちく
師曠之聡しこうのそう
獅子搏兎ししはくと
舐痔得車しじとくしゃ
詩人蛻骨しじんぜいこつ
死生契闊しせいけっかつ
咫尺之書しせきのしょ
紫髯緑眼しぜんりょくがん
七嘴八舌しちしはちぜつ
七種菜羹しちしゅのさいこう
七縦七擒しちしょうしちきん
史籀大篆しちゅうだいてん
失魂落魄しっこんらくはく
叱咤激励しったげきれい
疾風勁草しっぷうけいそう
櫛風沐雨しっぷうもくう
疾言遽色しつげんきょしょく
舐犢之愛しとくのあい
子墨兎毫しぼくとごう
徙木之信しぼくのしん
揣摩臆測しまおくそく
鴟目虎吻しもくこふん
車胤聚蛍しゃいんしゅうけい
奢侈淫佚しゃしいんいつ
奢侈文弱しゃしぶんじゃく
洒洒落落しゃしゃらくらく
社稷之臣しゃしょくのしん
社稷之守しゃしょくのまもり
醜悪奸邪しゅうあくかんじゃ
拾遺補闕しゅういほけつ
衆賢茅茹しゅうけんぼうじょ
秋毫之末しゅうごうのすえ
聚散十春しゅうさんじっしゅん
袖手旁観しゅうしゅぼうかん
秋風冽冽しゅうふうれつれつ
聚蚊成雷しゅうぶんせいらい
酒甕飯嚢しゅおうはんのう
夙夜夢寐しゅくやむび
朱脣皓歯しゅしんこうし
珠襦玉匣しゅじゅぎょっこう
朱墨爛然しゅぼくらんぜん
春寒料峭しゅんかんりょうしょう
春風駘蕩しゅんぷうたいとう
笙磬同音しょうけいどうおん
商山四皓しょうざんのしこう
銷鑠縮栗しょうしゃくしゅくりつ
漿酒霍肉しょうしゅかくにく
瀟湘八景しょうしょうはっけい
牀上施牀しょうじょうししょう
焦頭爛額しょうとうらんがく
嘯風弄月しょうふうろうげつ
生滅滅已しょうめつめつい
逍遥自在しょうようじざい
逍遥法外しょうようほうがい
蜀犬吠日しょくけんはいじつ
嗇夫利口しょくふりこう
緇林杏壇しりんきょうだん
砥礪切磋しれいせっさ
眥裂髪指しれつはっし
四六駢儷しろくべんれい
神韻縹渺しんいんひょうびょう
心悸亢進しんきこうしん
晨去暮来しんきょぼらい
心広体胖しんこうたいはん
深根固柢しんこんこてい
脣歯輔車しんしほしゃ
斟酌折衷しんしゃくせっちゅう
浸潤之譖しんじゅんのそしり
晨星落落しんせいらくらく
振臂一呼しんぴいっこ
神仏混淆しんぶつこんこう
脣亡歯寒しんぼうしかん
瞋目張胆しんもくちょうたん
晨夜兼道しんやけんどう
蜃楼海市しんろうかいし
舳艫千里じくろせんり
自己韜晦じことうかい
実践躬行じっせんきゅうこう
日月逾邁じつげつゆまい
鵲巣鳩居じゃくそうきゅうきょ
鵲巣鳩占じゃくそうきゅうせん
邪智奸佞じゃちかんねい
獣聚鳥散じゅうしゅうちょうさん
戎馬倥偬じゅうばこうそう
朮羹艾酒じゅっこうがいしゅ
蓴羹鱸膾じゅんこうろかい
自由闊達じゆうかったつ
常山蛇勢じょうざんのだせい
畳牀架屋じょうしょうかおく
躡足附耳じょうそくふじ
攘臂疾言じょうひしつげん
常備不懈じょうびふかい
持粱歯肥じりょうしひ
人権蹂躙じんけんじゅうりん
人口膾炙じんこうかいしゃ
人口稠密じんこうちゅうみつ
人心洶洶じんしんきょうきょう
人心収攬じんしんしゅうらん
塵飯塗羹じんぱんとこう
吹影鏤塵すいえいろうじん
酔眼朦朧すいがんもうろう
垂拱之化すいきょうのか
炊金饌玉すいきんせんぎょく
垂涎三尺すいぜんさんじゃく
翠帳紅閨すいちょうこうけい
垂髫戴白すいちょうたいはく
水天髣髴すいてんほうふつ
彗氾画塗すいはんがと
酔歩蹣跚すいほまんさん
垂名竹帛すいめいちくはく
吹毛求疵すいもうきゅうし
鄒衍降霜すうえんこうそう
鄒魯遺風すうろいふう
寸草春暉すんそうしゅんき
随鴉彩鳳ずいあさいほう
隋珠和璧ずいしゅかへき
青鞋布韈せいあいふべつ
臍下丹田せいかたんでん
星火燎原せいかりょうげん
旌旗巻舒せいきけんじょ
生気溌溂せいきはつらつ
誠惶誠恐せいこうせいきょう
井渫不食せいせつふしょく
悽愴流涕せいそうりゅうてい
青天霹靂せいてんのへきれき
声名狼藉せいめいろうぜき
精励恪勤せいれいかっきん
積悪余殃せきあくのよおう
跖狗吠尭せきくはいぎょう
尺沢之鯢せきたくのげい
折花攀柳せっかはんりゅう
折檻諫言せっかんかんげん
切磋琢磨せっさたくま
切歯扼腕せっしやくわん
雪魄氷姿せっぱくひょうし
雪萼霜葩せつがくそうは
窃玉偸香せつぎょくとうこう
截断衆流せつだんしゅる
千巌万壑せんがんばんがく
千金一擲せんきんいってき
千鈞一髪せんきんいっぱつ
千金弊帚せんきんへいそう
饌玉炊金せんぎょくすいきん
千荊万棘せんけいばんきょく
鮮血淋漓せんけつりんり
洗垢索瘢せんこうさくはん
僭賞濫刑せんしょうらんけい
浅斟低唱せんしんていしょう
先従隗始せんじゅうかいし
千仞之谿せんじんのたに
泉石膏肓せんせきこうこう
戦戦兢兢せんせんきょうきょう
蝉噪蛙鳴せんそうあめい
翦草除根せんそうじょこん
吮疽之仁せんそのじん
千朶万朶せんだばんだ
扇枕温衾せんちんおんきん
旋転囲繞せんてんいじょう
瞻望咨嗟せんぼうしさ
千里無烟せんりむえん
賤斂貴発せんれんきはつ
噬指棄薪ぜいしきしん
贅沢三昧ぜいたくざんまい
前倨後恭ぜんきょこうきょう
草偃風従そうえんふうじゅう
滄海桑田そうかいそうでん
滄海遺珠そうかいのいしゅ
滄海一粟そうかいのいちぞく
走尸行肉そうしこうにく
簇酒斂衣そうしゅれんい
蚤寝晏起そうしんあんき
痩身矮躯そうしんわいく
宋襄之仁そうじょうのじん
漱石枕流そうせきちんりゅう
滄桑之変そうそうのへん
桑田滄海そうでんそうかい
桑土綢繆そうどちゅうびゅう
曾母投杼そうぼとうちょ
草満囹圄そうまんれいご
草莽之臣そうもうのしん
蒼蠅驥尾そうようきび
草廬三顧そうろさんこ
足音跫然そくおんきょうぜん
束皙竹簡そくせきちくかん
束帛加璧そくはくかへき
束髪封帛そくはつふうはく
麁枝大葉そしたいよう
率先躬行そっせんきゅうこう
樽俎折衝そんそせっしょう
孫楚漱石そんそそうせき
尊皇攘夷そんのうじょうい
造言蜚語ぞうげんひご
造次顛沛ぞうじてんぱい
俗臭芬芬ぞくしゅうふんぷん
鏃礪括羽ぞくれいかつう
大海撈針たいかいろうしん
大廈高楼たいかこうろう
大廈棟梁たいかのとうりょう
大衾長枕たいきんちょうちん
大桀小桀たいけつしょうけつ
太羹玄酒たいこうげんしゅ
対牀風雪たいしょうふうせつ
対牀夜雨たいしょうやう
頽堕委靡たいだいび
黛蓄膏渟たいちくこうてい
大貉小貉たいばくしょうばく
帯礪之誓たいれいのちかい
対驢撫琴たいろぶきん
濯纓濯足たくえいたくそく
多銭善賈たせんぜんこ
箪食壺漿たんしこしょう
貪夫徇財たんぷじゅんざい
探驪獲珠たんりかくしゅ
湛盧之剣たんろのけん
濁流滾滾だくりゅうこんこん
煖衣飽食だんいほうしょく
断鶴続鳧だんかくぞくふ
弾丸黒痣だんがんこくし
断薺画粥だんせいかくしゅく
談天雕竜だんてんちょうりょう
断爛朝報だんらんちょうほう
遅疑逡巡ちぎしゅんじゅん
池魚之殃ちぎょのわざわい
竹帛之功ちくはくのこう
竹苞松茂ちくほうしょうも
蟄居屏息ちっきょへいそく
魑魅魍魎ちみもうりょう
昼耕夜誦ちゅうこうやしょう
誅心之法ちゅうしんのほう
疇昔之夜ちゅうせきのよ
躊躇逡巡ちゅうちょしゅんじゅん
綢繆未雨ちゅうびゅうみう
仲連蹈海ちゅうれんとうかい
黜陟幽明ちゅっちょくゆうめい
超軼絶塵ちょういつぜつじん
張王李趙ちょうおうりちょう
重熙累洽ちょうきるいこう
長頸烏喙ちょうけいうかい
朝憲紊乱ちょうけんびんらん
懲羹吹膾ちょうこうすいかい
長江天塹ちょうこうてんざん
朝耕暮耘ちょうこうぼうん
彫心鏤骨ちょうしんるこつ
朝齏暮塩ちょうせいぼえん
冢中枯骨ちょうちゅうここつ
彫虫篆刻ちょうちゅうてんこく
冢中枯骨ちょうちゅうのここつ
喋喋喃喃ちょうちょうなんなん
糶糴斂散ちょうてきれんさん
嘲風哢月ちょうふうろうげつ
雕文刻鏤ちょうぶんこくる
跳梁跋扈ちょうりょうばっこ
直往邁進ちょくおうまいしん
直截簡明ちょくせつかんめい
佇思停機ちょしていき
樗櫟散木ちょれきさんぼく
樗櫟之材ちょれきのざい
枕戈待旦ちんかたいたん
陳蔡之厄ちんさいのやく
枕流漱石ちんりゅうそうせき
墜茵落溷ついいんらくこん
低徊趣味ていかいしゅみ
棣鄂之情ていがくのじょう
渟膏湛碧ていこうたんぺき
低唱浅斟ていしょうせんしん
鼎鐺玉石ていそうぎょくせき
廷諍面折ていそうめんせつ
擲果満車てきかまんしゃ
適楚北轅てきそほくえん
鉄中錚錚てっちゅうのそうそう
跌蕩放言てっとうほうげん
轍乱旗靡てつらんきび
天威咫尺てんいしせき
天宇地廬てんうちろ
天顔咫尺てんがんしせき
天空海闊てんくうかいかつ
天真爛漫てんしんらんまん
点睛開眼てんせいかいがん
霑体塗足てんたいとそく
恬淡寡欲てんたんかよく
椽大之筆てんだいのふで
天地開闢てんちかいびゃく
輾転反側てんてんはんそく
天罰覿面てんばつてきめん
顛沛流浪てんぱいるろう
典謨訓誥てんぼくんこう
天歩艱難てんぽかんなん
天門開闔てんもんかいこう
泥首銜玉でいしゅかんぎょく
蕩佚簡易とういつかんい
桃花癸水とうかきすい
韜光晦迹とうこうかいせき
騰蛟起鳳とうこうきほう
韜光晦迹とうこうまいせき
桃弧棘矢とうこきょくし
党錮之禍とうこのわざわい
倒載干戈とうさいかんか
桃傷李仆とうしょうりふ
蹈常襲故とうじょうしゅうこ
蹈節死義とうせつしぎ
冬扇夏鑪とうせんかろ
頭童歯豁とうどうしかつ
螳臂当車とうひとうしゃ
橦末之伎とうまつのぎ
桃李成蹊とうりせいけい
螳螂之衛とうろうのえい
螳螂之斧とうろうのおの
兎起鶻落ときこつらく
兎起鳧挙ときふきょ
蠹居棊処ときょきしょ
得魚忘筌とくぎょぼうせん
得隴望蜀とくろうぼうしょく
斗斛之禄とこくのろく
咄嗟叱咤とっさしった
訥言敏行とつげんびんこう
咄咄怪事とつとつかいじ
突怒偃蹇とつどえんけん
屠毒筆墨とどくのひつぼく
屠羊之肆とようのし
斗量帚掃とりょうそうそう
屠竜之技とりょうのぎ
敦煌五竜とんこうごりょう
道揆法守どうきほうしゅ
同衾共枕どうきんきょうちん
恫疑虚喝どうぎきょかつ
銅牆鉄壁どうしょうてっぺき
同心戮力どうしんりくりょく
銅駝荊棘どうだけいきょく
同袍同沢どうほうどうたく
瞠目結舌どうもくけつぜつ
独学孤陋どくがくころう
独立不羈どくりつふき
独立不撓どくりつふとう
弩張剣抜どちょうけんばつ
駑馬十駕どばじゅうが
土崩魚爛どほうぎょらん
呑刀刮腸どんとうかっちょう
南轅北轍なんえんほくてつ
南橘北枳なんきつほくき
南洽北暢なんこうほくちょう
南蛮鴃舌なんばんげきぜつ
南蛮北狄なんばんほくてき
肉山脯林にくざんほりん
肉袒牽羊にくたんけんよう
肉袒負荊にくたんふけい
日昃之労にっしょくのろう
涅槃寂静ねはんじゃくじょう
拈華微笑ねんげみしょう
年災月殃ねんさいげつおう
佩韋佩弦はいいはいげん
悖出悖入はいしゅつはいにゅう
悖徳没倫はいとくぼつりん
悖入悖出はいにゅうはいしゅつ
杯盤狼藉はいばんろうぜき
破戒無慙はかいむざん
波詭雲譎はきうんけつ
博引旁証はくいんぼうしょう
璞玉渾金はくぎょくこんきん
白玉微瑕はくぎょくのびか
博識洽聞はくしきこうぶん
白荼赤火はくとせきか
白髪青袗はくはつせいしん
白璧微瑕はくへきのびか
伯兪泣杖はくゆきゅうじょう
八面玲瓏はちめんれいろう
八面六臂はちめんろっぴ
撥雲見日はつうんけんじつ
撥乱反正はつらんはんせい
跛鼈千里はべつもせんり
爬羅剔抉はらてきけつ
波瀾曲折はらんきょくせつ
波瀾万丈はらんばんじょう
跛立箕坐はりゅうきざ
攀轅臥轍はんえんがてつ
半饑半渇はんきはんかつ
班女辞輦はんじょじれん
繁文縟礼はんぶんじょくれい
攀竜附驥はんりょうふき
攀竜附鳳はんりょうふほう
倍日并行ばいじつへいこう
馬鹿慇懃ばかいんぎん
漠漠濛濛ばくばくもうもう
跋扈跳梁ばっこちょうりょう
跋山渉水ばつざんしょうすい
罵詈讒謗ばりざんぼう
罵詈雑言ばりぞうごん
蛮夷戎狄ばんいじゅうてき
槃根錯節ばんこんさくせつ
万寿無疆ばんじゅむきょう
万物殷富ばんぶついんぷ
万目睚眥ばんもくがいさい
悲歌慷慨ひかこうがい
卑躬屈節ひきゅうくっせつ
匪躬之節ひきゅうのせつ
披荊斬棘ひけいざんきょく
比肩随踵ひけんずいしょう
悲傷憔悴ひしょうしょうすい
飛絮漂花ひじょひょうか
悲壮淋漓ひそうりんり
筆削褒貶ひっさくほうへん
筆力扛鼎ひつりょくこうてい
篳路藍縷ひつろらんる
非難囂囂ひなんごうごう
髀肉之嘆ひにくのたん
被髪纓冠ひはつえいかん
被髪左衽ひはつさじん
被髪佯狂ひはつようきょう
肥馬軽裘ひばけいきゅう
悲憤慷慨ひふんこうがい
百姓一揆ひゃくしょういっき
百折不撓ひゃくせつふとう
百様玲瓏ひゃくようれいろう
百花繚乱ひゃっかりょうらん
百孔千瘡ひゃっこうせんそう
氷甌雪椀ひょうおうせつわん
飄忽震蕩ひょうこつしんとう
氷姿雪魄ひょうしせっぱく
剽疾軽悍ひょうしつけいかん
飛揚跋扈ひようばっこ
疲労困憊ひろうこんぱい
牝鶏之晨ひんけいのしん
牝牡驪黄ひんぼりこう
媚眼秋波びがんしゅうは
尾大不掉びだいふとう
病入膏肓びょうにゅうこうこう
馮異大樹ふういたいじゅ
風雨淒淒ふううせいせい
風雨対牀ふううたいしょう
風鬟雨鬢ふうかんうびん
風岸孤峭ふうがんこしょう
風紀紊乱ふうきびんらん
風光明媚ふうこうめいび
風櫛雨沐ふうしつうもく
風声鶴唳ふうせいかくれい
浮雲翳日ふうんえいじつ
巫雲蜀雨ふうんしょくう
浮家泛宅ふかはんたく
不羈之才ふきのさい
不羈奔放ふきほんぽう
俯仰之間ふぎょうのかん
伏寇在側ふくこうざいそく
不屈不撓ふくつふとう
俯察仰観ふさつぎょうかん
巫山雲雨ふざんうんう
巫山之夢ふざんのゆめ
俛首帖耳ふしゅちょうじ
膚受之愬ふじゅのうったえ
鳧趨雀躍ふすうじゃくやく
附贅懸疣ふぜいけんゆう
不撓不屈ふとうふくつ
布韈青鞋ふべつせいあい
榑木之地ふぼくのち
蜉蝣一期ふゆうのいちご
不埒千万ふらちせんばん
刎頸之交ふんけいのまじわり
物論囂囂ぶつろんごうごう
蚊子咬牛ぶんしこうぎゅう
文恬武嬉ぶんてんぶき
敝衣蓬髪へいいほうはつ
兵戈槍攘へいかそうじょう
秉燭夜遊へいしょくやゆう
萍水相逢へいすいそうほう
弊帚千金へいそうせんきん
瓶墜簪折へいついしんせつ
兵馬倥偬へいばこうそう
壁立千仞へきりつせんじん
霹靂一声へきれきいっせい
霹靂閃電へきれきせんでん
偏袒扼腕へんたんやくわん
胼胝之労へんちのろう
偏旁冠脚へんぼうかんきゃく
汨羅之鬼べきらのき
弁才無礙べんざいむげ
駢四儷六べんしれいろく
鞭辟近裏べんぺききんり
駢拇枝指べんぼしし
逢掖之衣ほうえきのい
鳳凰于飛ほうおううひ
鳳凰銜書ほうおうがんしょ
法界悋気ほうかいりんき
抱関撃柝ほうかんげきたく
泛駕之馬ほうがのうま
判官贔屓ほうがんびいき
方趾円顱ほうしえんろ
封豕長蛇ほうしちょうだ
飽食煖衣ほうしょくだんい
宝鈿玉釵ほうでんぎょくさい
放蕩不羈ほうとうふき
放辟邪侈ほうへきじゃし
蜂目豺声ほうもくさいせい
鳳友鸞交ほうゆうらんこう
北轅適楚ほくえんてきそ
北轍南轅ほくてつなんえん
輔車脣歯ほしゃしんし
匍匐膝行ほふくしっこう
賁育之勇ほんいくのゆう
本地垂迹ほんちすいじゃく
奔放不羈ほんぽうふき
冒雨剪韭ぼううせんきゅう
茅屋采椽ぼうおくさいてん
暴虎馮河ぼうこひょうが
望蜀之嘆ぼうしょくのたん
亡脣寒歯ぼうしんかんし
旁時掣肘ぼうじせいちゅう
旁若無人ぼうじゃくぶじん
茫然自失ぼうぜんじしつ
茅堵蕭然ぼうとしょうぜん
尨眉皓髪ぼうびこうはつ
墨痕淋漓ぼっこんりんり
麻姑掻痒まこそうよう
摩頂放踵まちょうほうしょう
満身創痍まんしんそうい
万目睚眥まんもくがいさい
満目蕭条まんもくしょうじょう
曼理皓歯まんりこうし
無辜之民むこのたみ
無根無蔕むこんむてい
無慙無愧むざんむき
無病呻吟むびょうしんぎん
霧鬢風鬟むびんふうかん
無辺無礙むへんむげ
毋望之禍むぼうのわざわい
無欲恬淡むよくてんたん
無余涅槃むよねはん
銘肌鏤骨めいきるこつ
明察秋毫めいさつしゅうごう
明窓浄几めいそうじょうき
明眸皓歯めいぼうこうし
明朗闊達めいろうかったつ
面折廷諍めんせつていそう
罔極之恩もうきょくのおん
毛骨悚然もうこつしょうぜん
沐浴斎戒もくよくさいかい
沐浴抒溷もくよくじょこん
門巷填隘もんこうてんあい
悶絶躄地もんぜつびゃくじ
夜雨対牀やうたいしょう
八咫之鏡やたのかがみ
黝堊丹漆ゆうあくたんしつ
游雲驚竜ゆううんきょうりょう
勇往邁進ゆうおうまいしん
勇気凜凜ゆうきりんりん
融通無礙ゆうずうむげ
優游涵泳ゆうゆうかんえい
余韻嫋嫋よいんじょうじょう
羊裘垂釣ようきゅうすいちょう
羊很狼貪ようこんろうどん
妖姿媚態ようしびたい
揺頭擺尾ようとうはいび
瑶林瓊樹ようりんけいじゅ
翼覆嫗煦よくふうく
余裕綽綽よゆうしゃくしゃく
雷陳膠漆らいちんこうしつ
雷霆万鈞らいていばんきん
磊磊落落らいらいらくらく
落英繽紛らくえいひんぷん
落穽下石らくせいかせき
落落晨星らくらくしんせい
落花狼藉らっかろうぜき
爛額焦頭らんがくしょうとう
蘭薫桂馥らんくんけいふく
蘭摧玉折らんさいぎょくせつ
鸞翔鳳集らんしょうほうしゅう
乱暴狼藉らんぼうろうぜき
六韜三略りくとうさんりゃく
戮力協心りくりょくきょうしん
戮力同心りくりょくどうしん
流汗淋漓りゅうかんりんり
流金鑠石りゅうきんしゃくせき
流言蜚語りゅうげんひご
流觴曲水りゅうしょうきょくすい
梁冀跋扈りょうきばっこ
竜吟虎嘯りょうぎんこしょう
竜虎相搏りょうこそうはく
竜舟鷁首りょうしゅうげきしゅ
凌霄之志りょうしょうのこころざし
竜驤虎視りょうじょうこし
竜攘虎搏りょうじょうこはく
竜驤麟振りょうじょうりんしん
竜頭鷁首りょうとうげきしゅ
遼東之豕りょうとうのいのこ
竜蟠虎踞りょうばんこきょ
霖雨蒼生りんうそうせい
麟角鳳嘴りんかくほうし
輪奐一新りんかんいっしん
琳琅珠玉りんろうしゅぎょく
琳琅満目りんろうまんもく
鏤塵吹影るじんすいえい
縷縷綿綿るるめんめん
零絹尺楮れいけんせきちょ
鴒原之情れいげんのじょう
藜杖韋帯れいじょういたい
烈士徇名れっしじゅんめい
聯袂辞職れんべいじしょく
連璧賁臨れんぺきひりん
老驥伏櫪ろうきふくれき
螻蟻潰堤ろうぎかいてい
螻蟻之誠ろうぎのせい
鏤塵吹影ろうじんすいえい
籠鳥檻猿ろうちょうかんえん
魯魚亥豕ろぎょがいし
盧生之夢ろせいのゆめ
驢鳴犬吠ろめいけんばい
矮子看戯わいしかんぎ
和気藹藹わきあいあい
和羹塩梅わこうあんばい
四字熟語辞典TOP
ページ先頭に戻る