「鴻門玉斗」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 鴻門玉斗
読み方 こうもんのぎょくと
意味 中国の漢の劉邦が、鴻門の会で楚の項羽の家臣の范増に贈った、翡翠でできたひしゃくのこと。
楚の項羽の家臣の范増は、劉邦の家臣の沛公は障害になるとして、項羽に殺すように進言したが、項羽は決断できずに沛公は逃げてしまった。
項羽が決断できなかったことを知った范増は、激怒して悔しがり、沛公から贈られた翡翠のひしゃくを剣で打ち砕いたという故事から。
出典 曾鞏「虞美人草」
漢字検定 準1級
漢字詳細 四字熟語「鴻」 / 漢字「鴻」
四字熟語「門」 / 漢字「門」
四字熟語「玉」 / 漢字「玉」
四字熟語「斗」 / 漢字「斗」

検索ランキング 5/16更新
順位 四字熟語 漢字
1位 国威発揚
2位 酒池肉林
3位 五穀豊穣
4位 妖怪変化
5位 実力伯仲

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 四字熟語辞典オンライン

ページ先頭に戻る