鴻鵠之志について

四字熟語鴻鵠之志
読み方こうこくのこころざし
意味非常に大きな目標。大志。
「鴻」はおおとり、「鵠」はくぐいのことで、白鳥の古名。
どちらも大きな鳥のことで、英雄や豪傑などの偉大な人物のたとえ。
中国の秦の時代、日雇い労働をしていた陳勝が「互いに金持ちになっても忘れずにいよう」と仲間に言い、それを聞いた雇い主が「日雇いの分際で何を言っているんだ」と嘲笑した。
陳勝は「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」と嘆き、後に秦に反乱を起こして王になったという故事から。
「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」を略した言葉。
出典『史記』「陳渉世家」
類義語 燕雀鴻鵠(えんじゃくこうこく)
青雲之志(せいうんのこころざし)
図南鵬翼(となん(の)ほうよく)

使用されている漢字

「鴻」を含む四字熟語

「鴻」を含む四字熟語を全て見る

「鵠」を含む四字熟語

「鵠」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「志」を含む四字熟語

「志」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る