斗酒百篇について

斗酒百篇
としゅ-ひゃっぺん
読み方としゅひゃっぺん
意味たくさんの酒を飲みながら、たくさんの詩を作ること。
「斗酒」の「斗」は容量の単位で、一斗の量の酒ということから、たくさんの酒のたとえ。
「百篇」の「篇」は詩を数える単位で、百篇の詩ということから、たくさんの詩のたとえ。
唐の詩人の杜甫が李白のことを評した言葉から。
出典杜甫「飲中八仙歌」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る