四門遊観について

四字熟語四門遊観
読み方しもんゆうかん
意味釈迦が太子の時に、四つの門から外に出て老人、病人、死人、修行者を見つけて、出家を決意した伝説のこと。
釈迦がまだシッダルータ太子と呼ばれ、不自由のない生活をしていたときに、城外で遊ぼうとして別々の日に別々の門の外に老人、病人、死人を見かけた。
そして、人間の無常を感じ、最後に修行者に出会い出家する決意をしたといわれる。
出典
類義語 四門出遊(しもんしゅつゆう)

使用されている漢字

「四」を含む四字熟語

「門」を含む四字熟語

「門」を含む四字熟語を全て見る

「遊」を含む四字熟語

「遊」を含む四字熟語を全て見る

「観」を含む四字熟語

「観」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る