于公高門について

四字熟語于公高門
読み方うこうこうもん
意味人知れず善行を積んだ家の子孫は繁栄することのたとえ。
「于公」は人物名で、漢代に丞相になった于定国の父のこと。
于公は裁判官として公平に裁判を処理して、ひそかに善行を積んでいた。
彼の住む村の門を修理するときに、人知れず善行を積む家の子孫は出世して繁栄するだろうと、門を広大に作った故事から。
出典『漢書』「于定国伝」
類義語 陰徳陽報(いんとくようほう)

使用されている漢字

「于」を含む四字熟語

「公」を含む四字熟語

「公」を含む四字熟語を全て見る

「高」を含む四字熟語

「門」を含む四字熟語

「門」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る