葷酒山門について

葷酒山門
くんしゅ-さんもん
読み方くんしゅさんもん
意味匂いの強い食べ物や酒を寺院に持ち込んだり、そのような物を飲食した者は、寺院に入ってはいけないという戒め。
「葷」はにらやねぎ、にんにくなどの強い匂いを発する野菜のこと。
「酒」は酒のことで、どちらも修行の邪魔になり、不浄のものとされている。
「山門」は寺院の門や、寺院そのもののこと。
主に禅寺の門の脇に設置されている石碑に、「不葷酒入山門」と刻まれていて、その言葉を略した言葉。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る