小家碧玉について

小家碧玉
しょうか-へきぎょく
読み方しょうかへきぎょく
意味貧しい家庭で生まれ育った、美しい容姿の女性のたとえ。
または、貧しい家庭にある宝物のこと。
「小家」は貧しく卑しい家という意味で、自身の家を謙遜していう言葉。
「碧玉」は青い色の宝石。または、中国の東晋の汝南王の愛人の名前。
出典孫綽「情人碧玉歌」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る