桂玉之艱について

桂玉之艱
けいぎょくの-かん
読み方けいぎょくのかん
意味他の土地からやってきて、物価の高さで生活に苦労すること。
「桂」は香木、「玉」は宝玉、「艱」は悩むや苦しむこと。
戦国時代の遊説家の蘇秦が、楚の威王を訪れたところ、面会までに三か月も待たされてしまい、その間、宝玉より高い食べ物や香木より高い薪の値段に悩まされ、生活に苦労した故事から。
出典『戦国策』「楚策」
類義語 桂玉之地(けいぎょくのち)
食玉炊桂(しょくぎょくすいけい)
都門桂玉(ともんけいぎょく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る