一斗百篇とは

四字熟語一斗百篇
読み方いっとひゃっぺん
意味酒をたくさん飲んで、たくさんの詩を書くこと。
「斗」は容積の単位。
唐の詩人の李白は、一斗の酒を飲んでいる間に詩を百篇作ったという故事から。
出典杜甫「飲中八仙歌」

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「一」を含む四字熟語

「一」を含む四字熟語を全て見る

「斗」を含む四字熟語

「斗」を含む四字熟語を全て見る

「百」を含む四字熟語

「百」を含む四字熟語を全て見る

「篇」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る