金声玉振について

四字熟語金声玉振
読み方きんせいぎょくしん
意味備わっている才知と、人徳の釣り合いが取れていることのたとえ。
または、そのような人のこと。
「金声」は鐘を鳴らすこと。
「玉」は磬という打楽器のこと。
「振」は収めること。
古代中国の音楽は、まず始めに鐘の音から始まって、琴や笛の音が続き、最後は磬で締めくくるというもので、最初から最後までよく整っているもののたとえとして使われる。
孟子が孔子を賛美したとされる言葉。
出典『孟子』「万章・下」

使用されている漢字

「金」を含む四字熟語

「金」を含む四字熟語を全て見る

「声」を含む四字熟語

「声」を含む四字熟語を全て見る

「玉」を含む四字熟語

「玉」を含む四字熟語を全て見る

「振」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る