倚門之望について

倚門之望
いもんの-ぼう
読み方いもんのぼう
意味母親が子のことを思う愛情のこと。
「倚」は寄りかかるという意味。
母親が門に寄りかかって、子の帰りを待ち望むという意味から。
中国の春秋時代の衛の王孫賈は、朝早くから夜遅くまで出掛けることが多く、母親は家の前の門や、村の入り口にある閭という門に寄りかかって帰ってくるのを待ちわびたという故事から。
出典『戦国策』「斉策」
類義語 倚門倚閭(いもんいりょ)
倚閭之望(いりょのぼう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る