斗量帚掃について

斗量帚掃
とりょう-そうそう
読み方とりょうそうそう
意味普通の人。
または、人材や物がたくさん余っていること。
「斗量」はますで量を量ること。
「帚掃」はほうきで掃くこと。
どちらも余っていることのたとえで、自分のことを謙遜していう言葉。
出典『日本外史』「源氏正記」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る