四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「山藪蔵疾」

「山藪蔵疾」について

「山藪蔵疾」の読み方

スポンサーリンク

読み方 さんそうぞうしつ
意味 大きな事を成す人物は、どんな人でも包みいれる器量があるということのたとえ。
または、どんなすぐれた人物でも一つくらい弱点があるということ。
「山藪」は山と藪のことで、立派な人物のたとえ。
「蔵」は隠すや、しまい込むということ。
「疾」は害になるものという意味から、虫や毒蛇のこと。
山や藪は害虫や毒蛇ですら隠し包み込むという意味から。
中国の春秋時代、晋の景公が宋に救援を出そうとしたときに、伯宋がそれを諫めたという故事から。
「山藪疾を蔵す」とも読む。
出典 『春秋左氏伝』「宣公一五年」
類義語 瑾瑜匿瑕(きんゆとくか)
川沢納汚(せんたくのうお)
漢字検定 準1級
分類 不完全
漢字詳細 「山」を含む四字熟語 / 「山」という漢字の詳細
「藪」を含む四字熟語 / 「藪」という漢字の詳細
「蔵」を含む四字熟語 / 「蔵」という漢字の詳細
「疾」を含む四字熟語 / 「疾」という漢字の詳細

「さ」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検級から検索

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級    

その他

検索ランキング
(07/21更新)

1位 燕頷虎頭
2位 董狐之筆
3位 延頸鶴望
4位 脚下照顧
5位 封豕長蛇

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る