膏肓之疾について

膏肓之疾
こうこうの-しつ
読み方こうこうのしつ(こうこうのやまい)
意味決して治ることのない病や、治すのが難しい病のこと。または、物事に夢中になりすぎて、やめられないこと。
「膏」は心臓の下の部分、「肓」は横隔膜の上の部分、「疾」は病気のこと。
心臓の下の部分や横隔膜の上の部分は、体の中の奥にあって、薬も鍼も届かないという意味から。
古代中国の晋の景公が病に伏しているときに、「膏の上と肓の下に病が入ってしまえば、名医でも手が出せない」と童子が話し合っている夢を見たという故事から。
「病、膏肓に入る」ととも読む。
出典『春秋左氏伝』「成公一○年」
類義語 膏肓之病(こうこうのやまい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る