瑾瑜匿瑕について

四字熟語瑾瑜匿瑕
読み方きんゆとくか
意味すぐれた才のある立派な人物でも小さな弱点くらいあるもので、大した問題にはならないということのたとえ。
「瑾」と「瑜」はどちらも美しい宝石の名前。
「瑕」は傷やひびという意味から、弱点や欠点のたとえ。
全体が素晴らしい宝石に小さな傷があっても、価値は下がらないという意味から。
「瑾瑜、瑕を匿す」とも読む。
出典『春秋左氏伝』「宣公一五年」
類義語 山藪蔵疾(さんそうぞうしつ)

使用されている漢字

「瑾」を含む四字熟語

「瑾」を含む四字熟語を全て見る

「瑜」を含む四字熟語

「匿」を含む四字熟語

「瑕」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る