顔常山舌について

四字熟語顔常山舌
読み方がんじょうざんのした
意味辛い処罰を受けても、君主や国への忠義を貫き通すこと。
「顔常山」は顔杲卿という人物のこと。
中国唐の顔杲卿は、反乱軍の安禄山に捕らえられても、唐への忠義を曲げず、安禄山を罵倒したため舌を切られるという処罰を受けたが、それでもなお罵倒を続けたという故事から。
出典文天祥「正気歌」

使用されている漢字

「顔」を含む四字熟語

「顔」を含む四字熟語を全て見る

「常」を含む四字熟語

「常」を含む四字熟語を全て見る

「山」を含む四字熟語

「山」を含む四字熟語を全て見る

「舌」を含む四字熟語

「舌」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る