画虎類狗について

画虎類狗
がこ-るいく
読み方がこるいく
意味才能のない者が、すぐれているものの真似をしても、見苦しい結果にしかならないということのたとえ。
虎の絵を描いても、犬にしか見えないということから。
後漢の将軍の馬援が、豪傑の杜季良の真似をしていた兄の子を手紙で戒めたという故事から。
「虎を画いて狗に類す」とも読む。
出典『後漢書』「馬援伝」
類義語 画虎成狗(がこせいく)
刻鵠類鶩(こくこくるいぼく)
描虎類狗(びょうこるいく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る