「氷肌玉骨」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 氷肌玉骨
読み方 ひょうきぎょっこつ
意味 容姿の美しい女性のこと。
または、梅の花の異称。
「氷肌」は透明な氷のように清らかな肌。または、寒さが厳しい期間に咲く梅の花のたとえ。
「玉骨」は高貴な人や美しい人の骨ということから、美しい容姿のこと。
出典 孟昶「避暑摩訶池上」
類義語 氷姿玉骨(ひょうしぎょっこつ)
明眸皓歯(めいぼうこうし)
漢字検定 準1級
分類 美女
人の容姿
漢字詳細 四字熟語「氷」 / 漢字「氷」
四字熟語「肌」 / 漢字「肌」
四字熟語「玉」 / 漢字「玉」
四字熟語「骨」 / 漢字「骨」

検索ランキング 7/5更新
順位 四字熟語 漢字
1位 五穀豊穣
2位 一炊之夢
3位 酒池肉林
4位 英姿颯爽
5位 相思相愛

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 四字熟語辞典オンライン

ページ先頭に戻る