断薺画粥について

断薺画粥
だんせい-かくしゅく
読み方だんせいかくしゅく
意味貧しい暮らしをしながらも勉学に励むこと。
「薺」は植物のなずなのことで、質素な食べ物のたとえ。
「画」は四つに切り分けること。
中国の北宋の范中淹は、冷めて固まった粥を四つに切り分けて、朝と夜に二つずつ食べ、おかずには刻んだなずなを食べるという、貧しい暮らしをしながらも勉学に励んだという故事から。
「薺を断ち粥を画す」とも書く。
「断韲画粥」とも書く。
出典『書言故事』「苦学類」
類義語 苦学力行(くがくりっこう)
蛍雪之功(けいせつのこう)
蛍窓雪案(けいそうせつあん)
車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)

薺を含む四字熟語

  • 断薺画粥(だんせいかくしゅく)

粥を含む四字熟語

  • 断薺画粥(だんせいかくしゅく)
  • 断韲画粥(だんせいかくしゅく)

韲を含む四字熟語

  • 断韲画粥(だんせいかくしゅく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る