一倡三歎について

一倡三歎
いっしょう-さんたん
読み方いっしょうさんたん
意味優れた詩文を褒め称えていう言葉。
「倡」は詩文を読むこと。
「三」は何度もの意。
一度読み上げる間に何度も感歎することから。
「一倡」は「一唱」、「三歎」は「三嘆」ともかく。
出典『礼記』「楽記」
類義語 一読三嘆(いちどくさんたん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る