一里撓椎について

一里撓椎
いちり-どうつい
読み方いちりどうつい
意味たくさんの人が同じ事を言うと、あり得ないことも事実のようになってしまうということ。
「一里」は一つの村。
「撓椎」は椎を曲げること。
椎を曲げることが出来る力のある人がいると、村の人々全員が言えば、実際にいるかのようになってしまうという意味から。
「一里なれば椎を撓む」とも読む。
出典『淮南子』「説山訓」
類義語 三人成虎(さんにんせいこ)
衆議成林(しゅうぎせいりん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る