「一陽来復」について

スポンサーリンク

四字熟語 一陽来復
読み方 いちようらいふく
意味 悪い傾向にあった物事がよい傾向に向かうこと。
または、冬が終わって春が来ること。または、冬至のこと。
「一陽」は冬から春になる兆しのこと。
「来復」は再びやってくること。
もとは易経の言葉で、陰と陽の二つを組合せたものからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され、冬至から陽が一つ含まれるようになるということから。
もとは易経の言葉で、陰と陽の二つを組合せたものからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され陽は含まれておらず、陽が復する(戻ってくる)のは冬至からであることから。
出典 『易経』「復卦」
漢字検定 5級
分類 状況が好転する
状況
ことわざ
漢字詳細 四字熟語「一」 / 漢字「一」
四字熟語「陽」 / 漢字「陽」
四字熟語「来」 / 漢字「来」
四字熟語「復」 / 漢字「復」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る