六十耳順について

六十耳順
ろくじゅう-じじゅん
読み方ろくじゅうじじゅん
意味六十歳になると、人の言葉をすぐに理解することができるようになり、異なる考えも素直に受け入れることができるということ。
孔子が生涯を述懐して語った言葉。
出典『論語』「為政」
類義語 五十知命(ごじゅうちめい)
三十而立(さんじゅうじりつ)
四十不惑(しじゅうふわく)
十五志学(じゅうごしがく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る