拱手傍観について

拱手傍観
きょうしゅ-ぼうかん
読み方きょうしゅぼうかん(こうしゅぼうかん)
意味何もせずにただ近くで見ること。
「拱手」は古代中国の敬礼のことで、手を胸の前で合わせて重ねる動作ということから、腕を組んで何もしないことをいう。
「傍観」は近くで何もせずに見ること。
「手を拱いて傍らで観る」とも読む。
「拱手旁観」とも書く。
出典
類義語 隔岸観火(かくがんかんか)
袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)
冷眼傍観(れいがんぼうかん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る