兎死狗烹とは

四字熟語兎死狗烹
読み方としくほう
意味利用できるときだけは重用されるが、利用できなくなるとすぐに捨てられるということのたとえ。
兎がいなくなれば、兎を捕まえるための猟犬は必要なくなって、猟犬は煮て食べられるという意味から。
元は、戦乱の世が終わって平和になると、武勲をあげた武将は必要なくなって殺されるということをいった言葉。
「兎死して狗烹らる」とも読む。
出典『韓非子』
漢検級 準1級
場面用途 必要がなくなれば捨てられる
類義語 狡兎走狗(こうとそうく)
狡兎良狗(こうとりょうく)
鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)
得魚忘筌(とくぎょぼうせん)
得兎忘蹄(とくとぼうてい)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「兎」を含む四字熟語

「兎」を含む四字熟語を全て見る

「死」を含む四字熟語

「死」を含む四字熟語を全て見る

「狗」を含む四字熟語

「狗」を含む四字熟語を全て見る

「烹」を含む四字熟語

「烹」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る