隔岸観火とは

四字熟語隔岸観火
読み方かくがんかんか
意味他人の災難の手助けをしようとせず、ただ見物すること。
「隔岸」は川の向こう岸のこと。
「観火」は火事を見ること。
「対岸の火事」と同じ意味の言葉。
元は兵法三十六計の一つで、内乱などで敵が自滅するのを黙って待つ戦術のことをいう。
「岸を隔てて火を観る」とも読む。
漢検級 3級
場面用途 傍観
類義語 拱手傍観(きょうしゅぼうかん)
袖手旁観(しゅうしゅぼうかん)
対岸火災(たいがんのかさい)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「隔」を含む四字熟語

「隔」を含む四字熟語を全て見る

「岸」を含む四字熟語

「岸」を含む四字熟語を全て見る

「観」を含む四字熟語

「観」を含む四字熟語を全て見る

「火」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る