白虹貫日について

白虹貫日
はくこう-かんじつ
読み方はくこうかんじつ(はっこうかんじつ)
意味心が天に伝わること。
または、戦乱になって君主に危険が迫ることのたとえ。
白い虹が太陽を貫く現象をいい、この現象は願いが天に伝わったときや、戦乱によって危険な状況に陥る前兆として発生するとされている。
「白虹日を貫く」とも読む。
出典『戦国策』「魏策」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る