一陽来復について

一陽来復
いちよう-らいふく
読み方いちようらいふく
意味悪い傾向にあった物事がよい傾向に向かうこと。
または、冬が終わって春が来ること。または、冬至のこと。
「一陽」は冬から春になる兆しのこと。
「来復」は再びやってくること。
もとは易経の言葉で、陰と陽の二つを組合せたものからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され、冬至から陽が一つ含まれるようになるということから。
もとは易経の言葉で、陰と陽の二つを組合せたものからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され陽は含まれておらず、陽が復する(戻ってくる)のは冬至からであることから。
出典『易経』「復卦」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る