比翼連理について

四字熟語比翼連理
読み方ひよくれんり
意味夫婦の愛情が深く、非常に仲がよいことをたとえた言葉。
「比翼」は目と翼が一つしかなく、雌雄が常に一体となって飛ぶとされている比翼の鳥のこと。古代中国の想像上の動物。
「連理」は別々の木の枝や幹がくっついて、まるで一本の木であるかのように木理(木目)が一つになったもののこと。
どちらも、男女間の愛情が深く仲がよいことのたとえ。
出典白居易「長恨歌」
類義語 鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
偕老同穴(かいろうどうけつ)
関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
琴瑟相和(きんしつそうわ)
連理之枝(れんりのえだ)

「比」を含む四字熟語

「比」を含む四字熟語を全て見る

「翼」を含む四字熟語

「翼」を含む四字熟語を全て見る

「連」を含む四字熟語

「連」を含む四字熟語を全て見る

「理」を含む四字熟語

「理」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る