鬼瞰之禍について

鬼瞰之禍
きかんの-わざわい
読み方きかんのわざわい
意味良い出来事には邪魔が入りやすいことのたとえ。
または、富み栄えているときに付け上がっていると、周りから妬まれて災いを受けることのたとえ。
「瞰」は隙を狙う、もしくは窺うという意味。
富裕な家に災いを下そうとして、邪鬼が隙を狙っているという意味から。
出典『文選』揚雄「解嘲文」
類義語 好事多魔(こうじたま)
寸善尺魔(すんぜんしゃくま)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る