竜吟虎嘯について

竜吟虎嘯
りょうぎん-こしょう
読み方りょうぎんこしょう(りゅうぎんこしょう)
意味同じ類の者はお互いに気持ちや考えが通じ合うということ。
または、人の歌声や音が響き渡ること。
「竜吟」は竜が鳴くこと、「虎嘯」は虎が吠えることで、竜が鳴けば雲が生まれ、虎が吠えれば風が生まれるといわれる。
出典『文選』張衡「帰田賦」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る