有為転変について

有為転変
うい-てんぺん
読み方ういてんぺん(ういてんべん / ういてんでん)
意味この世の全ての現象や存在は常に移り変わり、一定しているものはないということ。または、この世は儚いものであるということのたとえ。
「有為」は様々な因縁から生じる現象。
「転変」は移り変わること。
仏教の言葉。
出典
類義語 附和随行(ふわずいこう)
盛者必衰(じょうしゃひっすい)
諸行無常(しょぎょうむじょう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る