「陽関三畳」について

スポンサーリンク

四字熟語 陽関三畳
読み方 ようかんさんじょう
意味 繰り返し別れを惜しむこと。
または、送別の詩として名高い陽関の曲の第四句を三度繰り返して歌うこと。
「畳」は繰り返すという意味。
出典 蘇軾「詩」
漢字検定 4級
漢字詳細 四字熟語「陽」 / 漢字「陽」
四字熟語「関」 / 漢字「関」
四字熟語「三」 / 漢字「三」
四字熟語「畳」 / 漢字「畳」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る