管鮑之交について

四字熟語管鮑之交
読み方かんぽうのまじわり(かんぽうのこう)
意味お互いのことを理解しあっていて、利害を超えた親密な友情のこと。
「管」は管仲、「鮑」は鮑叔牙、どちらも古代中国の人の名前。
中国の春秋時代、斉の鮑叔牙と管仲は幼い頃からの親友で、二人は違う王子に仕え、王子の後継者争いで鮑叔牙が仕える桓公が勝った。
桓公は敵対した管仲を殺そうとしたが、鮑叔牙は臣下に迎えるように桓公を説得し、後に宰相となった管仲と、その補佐になった鮑叔牙の力によって斉は大きな国になった。
鮑叔牙の死後、管仲は墓前で、「私を生んだのは両親だが、私を理解しているのは鮑叔だった」と言い、互いに互いの厚意を感謝し、二人の関係はいつまでも変わらなかったという故事から。
出典『史記』「管晏伝」
別表記 管鮑之交(かんぽうのこう)
類義語 金蘭之契(きんらんのけい)
膠漆之交(こうしつのまじわり)
莫逆之友(ばくぎゃくのとも)
刎頚之交(ふんけいのまじわり)
雷陳膠漆(らいちんこうしつ)

使用されている漢字

「管」を含む四字熟語

「管」を含む四字熟語を全て見る

「鮑」を含む四字熟語

「鮑」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「交」を含む四字熟語

「交」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る