髀肉之嘆について

四字熟語髀肉之嘆
読み方ひにくのたん
意味実力を発揮する機会がなく、功績を上げられないことを嘆くこと。
または、特にやることもなく、無駄に日々を過ごすことを嘆くこと。
「髀肉」は太ももについた贅肉。
中国の三国時代の蜀の劉備は、劉表のもとに身を寄せたが、劉表は劉備の野心を警戒して重用することなく、戦場に出る機会もなくなり、常に戦場に出て締まっていた太ももに贅肉がついたと、劉備が嘆いた故事から。
「髀肉」は「脾肉」、「嘆」は「歎」とも書く。
出典『三国志』「蜀志・先主伝・注」
別表記 脾肉之嘆(ひにくのたん)
髀肉之歎(ひにくのたん)
脾肉之歎(ひにくのたん)

使用されている漢字

「髀」を含む四字熟語

「髀」を含む四字熟語を全て見る

「肉」を含む四字熟語

「肉」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「嘆」を含む四字熟語

「嘆」を含む四字熟語を全て見る

「歎」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る