北轅適楚とは

四字熟語北轅適楚
読み方ほくえんてきそ
意味意志と行動が別の方向を向いていて、互いに反していることのたとえ。
「轅」は前進する方向に向けられるかじ棒のこと。
「適」はその向きに行くこと。
かじ棒は北を向いているのに、なぜか南にある楚の国に行くことから。
「適楚北轅」ともいう。
出典『申鑒』「雑言・下」
異形 適楚北轅(てきそほくえん)
漢検級 1級
類義語 南轅北轍(なんえんほくてつ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「北」を含む四字熟語

「北」を含む四字熟語を全て見る

「轅」を含む四字熟語

「轅」を含む四字熟語を全て見る

「適」を含む四字熟語

「適」を含む四字熟語を全て見る

「楚」を含む四字熟語

「楚」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る