川上之歎について

四字熟語川上之歎
読み方せんじょうのたん
意味時間が過ぎていくことへの嘆き。
「川上」は川のそば。
孔子が川の流れを見て、昼も夜も関係なく流れが過ぎていく、過ぎ去るとはこういうものかと嘆いたという故事から。
「川上之嘆」とも書く。
出典『論語』「子罕」
別表記 川上之嘆(せんじょうのたん)

使用されている漢字

「川」を含む四字熟語

「川」を含む四字熟語を全て見る

「上」を含む四字熟語

「上」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「歎」を含む四字熟語

「嘆」を含む四字熟語

「嘆」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る