刻舟求剣について

刻舟求剣
こくしゅう-きゅうけん
読み方こくしゅうきゅうけん
意味時代の変化を知らずに、古い考えや昔からの習慣にこだわって、融通がきかないことのたとえ。
中国の春秋時代、楚の人が船で川を渡っているときに川に剣を落としたので、慌てて船に剣を落とした位置を記して、向こう岸に着いた後に船に記した位置を目印にして、水の中に入って探したという故事から。
「船に刻みて剣を求む」とも読む。
出典『呂氏春秋』「察今」
類義語 旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)
守株待兎(しゅしゅたいと)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る