一暴十寒とは

四字熟語一暴十寒
読み方いちばくじっかん
意味努力というものは、続けられずに怠ってしまいがちであるということ。また、短期間努力してもその後に長期間怠れば努力が無駄になってしまうということ。
「暴」は日にさらすこと。
「寒」は冷やすこと。
日にさらして暖めようとして、一日は暖めたがその後の十日間は日陰においたままにして冷やしてしまうという意味。
「十寒一暴」ともいう。
出典『孟子』「告子・上」
異形 十寒一暴(じっかんいちばく)
漢検級 4級
場面用途 戒めの言葉 / 怠ける / 長続きしない / 言葉 / 文章 / ことわざ
類義語 三日坊主(みっかぼうず)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「一」を含む四字熟語

「一」を含む四字熟語を全て見る

「暴」を含む四字熟語

「暴」を含む四字熟語を全て見る

「十」を含む四字熟語

「十」を含む四字熟語を全て見る

「寒」を含む四字熟語

「寒」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る