一韻到底について

四字熟語一韻到底
読み方いちいんとうてい
意味漢詩における古詩の技巧で、初めから終わりまで一つの韻で通すこと。
「韻」は詩のリズムや響きを美しくするために同じ響きの漢字をおくこと。
「到底」は最初から最後までの意。
出典

使用されている漢字

「一」を含む四字熟語

「一」を含む四字熟語を全て見る

「韻」を含む四字熟語

「韻」を含む四字熟語を全て見る

「到」を含む四字熟語

「底」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る