画竜点睛について

四字熟語画竜点睛
読み方がりょうてんせい(がりゅうてんせい)
意味物事の一番重要な部分のこと。
または、最後の仕上げに手を加える重要な部分のこと。
「画竜」は絵の竜。「点睛」は目を書くこと。
「画竜点睛を欠く」と用いれば、他の部分は良い出来だが最後の部分が物足りないという意味となる。
南朝梁の画家の張僧ヨウが、安楽寺の壁に竜の絵を描いたが、目を描くと絵から出て飛び去ってしまうといって目を描かなかった。その話を信用しなかった人たちが、無理やり目を描かせたところ本当に竜が飛び去ってしまったという故事から。
「竜を画いて睛を点ず」とも読む。
出典『歴代名画記』
別表記 画竜点睛(がりゅうてんせい)
類義語 点睛開眼(てんせいかいがん)

使用されている漢字

「画」を含む四字熟語

「画」を含む四字熟語を全て見る

「竜」を含む四字熟語

「竜」を含む四字熟語を全て見る

「点」を含む四字熟語

「点」を含む四字熟語を全て見る

「睛」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る