宥坐之器について

四字熟語宥坐之器
読み方ゆうざのき
意味自らの戒めとするために身近に置いてある道具のこと。
「宥坐」は身近や身の回りという意味。
桓公の墓にあった器は「水が入っていない空の時は傾き、水を適度に入れるとまっすぐに立ち、水が満ちるとひっくり返り全てこぼれる」という。
これを見た孔子は「知を持つものは愚を自覚し、功績を持つものは謙譲の心をもち、力を持つものは恐れを忘れず、富があるものは謙遜を忘れずに正しい姿勢を保て。」と説いた故事から。
出典『荀子』「宥坐」

使用されている漢字

「宥」を含む四字熟語

「宥」を含む四字熟語を全て見る

「坐」を含む四字熟語

「坐」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「器」を含む四字熟語

「器」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る