子見南子について

四字熟語子見南子
読み方しけんなんし
意味礼の道を守るために、周りに惑わされず自分の考えを信じること。
「南子」は、衛の国王霊公の夫人。
孔子は、衛の国王霊公に招かれた際、夫人の南子に謁見することが礼の道と考えたが、弟子の子路は南子の素行の悪さから謁見を嫌がり不快に思った。
しかし孔子は「私にやましいところがあれば天が私を見捨てるだろう」と誓いを立て、考えを変えなかったという故事から。
出典『論語』「雍也」

使用されている漢字

「子」を含む四字熟語

「子」を含む四字熟語を全て見る

「見」を含む四字熟語

「見」を含む四字熟語を全て見る

「南」を含む四字熟語

「南」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る