乱世姦雄について

四字熟語乱世姦雄
読み方らんせいのかんゆう
意味乱れた世の流れにのって、名声を得る悪知恵の働く人のこと。
「乱世」は戦争が絶えない乱れた世界。
中国の後漢の時代、人物鑑定で有名な許劭は、若い頃の曹操を清平の姦賊、乱世の英雄と評したという故事から。
『魏志』「武帝紀」では、治世の能臣、乱世の姦雄と評されたとされている。
出典『魏志』「武帝紀・異同雑語」
類義語 乱世英雄(らんせいのえいゆう)
乱世之雄(らんせいのゆう)

「乱」を含む四字熟語

「乱」を含む四字熟語を全て見る

「世」を含む四字熟語

「姦」を含む四字熟語

「雄」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る