南風之詩とは

四字熟語南風之詩
読み方なんぷうのし
意味中国の伝説の聖天子の舜が作ったとされる歌のこと。
または、世の中が平和に治まっていることのたとえ。
または、両親に報いる孝行の教え。
「南風」は生物を育てる、温かで柔らかな南風のことで、君主からの恩沢や両親の慈愛のたとえ。
舜帝が五弦の琴を弾いて、南風の詩をうたうと世の中が平和になったという故事から。
出典『礼記』「楽記」
場面用途 平和 / 名前 / 時世
類義語 南風之薫(なんぷうのくん)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「南」を含む四字熟語

「南」を含む四字熟語を全て見る

「風」を含む四字熟語

「風」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「詩」を含む四字熟語

「詩」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る