画脂鏤氷について

画脂鏤氷
がし-ろうひょう
読み方がしろうひょう(かくしろうひょう)
意味苦労したわりに大した成果を得られないこと。
または、意味のないことに力を使うことのたとえ。
あぶらに絵を描いて、氷に彫刻をするということで、どちらも残らずに消えてしまうという意味から。
「脂に画き氷に鏤む」とも読む。
「画脂鏤冰」とも書く。
出典
類義語 凋氷画脂(ちょうひょうがし)
鏤氷雕朽(ろうひょうちょうきゅう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る