氷炭相愛について

氷炭相愛
ひょうたん-そうあい
読み方ひょうたんそうあい
意味この世にあるはずがないもののたとえ。
または、性質が逆のもの同士が助け合うことのたとえ。
炭の火で氷はとけて、氷のとけた水で炭の火が消えるという意味から、氷と炭が愛し合うことはできないということ。
また、氷のとけた水で炭の火を消して燃え尽きるのを防ぎ、炭の火は氷を本来の姿である水に戻すという意味から、性質が反していても互いに助け合って本質を保つができるということ。
「氷炭相愛す」とも読む。
「冰炭相愛」とも書く。
出典『淮南子』「説山訓」

「氷」を含む四字熟語

「氷」を含む四字熟語を全て見る

「炭」を含む四字熟語

「炭」を含む四字熟語を全て見る

「相」を含む四字熟語

「相」を含む四字熟語を全て見る

「愛」を含む四字熟語

「愛」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る