家鶏野鶩について

家鶏野鶩
かけい-やぼく
読み方かけいやぼく
意味古いものを嫌って新しいものを好むこと。
家で飼っている鶏を嫌って、野性のあひるを好むという意味から。
中国の晋の時代の書家のユ翼は、世間の評判が書家の王羲之に集まることに嘆いたという故事から。
「家鶏を厭い、野鶩を愛す」とも書く。
「家鷄野鶩」とも書く。
出典『太平御覧』九一八引『晋書』
類義語 家鶏野雉(かけいやち)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る