守株待兎について

四字熟語守株待兎
読み方しゅしゅたいと
意味古いしきたりを守ることにしばられて、融通がきかないこと。
または、思いがけない幸運が起こることを頼りにする愚かさのこと。
「守株」は切り株を見つめること。
「待兎」は兎を待つこと。
中国の春秋時代の宋の国で、偶然に木の切り株にぶつかって死んだ兎を手に入れた農夫は、それからずっと切り株を見つめて過ごし、畑が荒れ果てたという故事から。
「株を守りて兎を待つ」とも読む。
出典『韓非子』「五蠹」
類義語 旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)
刻舟求剣(こくしゅうきゅうけん)

使用されている漢字

「守」を含む四字熟語

「守」を含む四字熟語を全て見る

「株」を含む四字熟語

「待」を含む四字熟語

「待」を含む四字熟語を全て見る

「兎」を含む四字熟語

「兎」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る